同じ天然水でも異なる店頭と宅配。配達でらくらく、しかも美味しさが違う

同じ天然水でも異なる店頭と宅配。配達でらくらく、しかも美味しさが違う
  • mail

スーパーやコンビニで買う天然水。同じお水のはずなのに…?

「美味しい水にこだわりたい。」そんな思いを持つ人は少なくありません。水道水の質がずいぶん高くなったとはいっても、小さなお子さんがいて水道水の安全面が気になる方や、繊細な味にこだわる方にとって、水も商品として購入するものという認識が広がってきました。
今では、コンビニやスーパーでは国内外のミネラルウォーターを始め、様々な土地の名前が付いた天然水などのペットボトルがお店にズラリと並び、どこでも気軽に買えるようになっていますね。

しかし、購入したあと自宅まで持ち帰る際に非常に荷物になることが難点です。ほかの買い物に加えて、1本で1.5リットルや2リットルという大きさのペットボトルを何本も買えば、女性一人だとかなりの重労働になってしまいます。

その点、宅配水ならば、宅配会社が重い水を玄関まで送り届けてくれますので、持ち帰りの際の体への負担も軽減されます。さらに定期便なので「お水を買い忘れてしまった。」なんてこともありません。 これだけでも魅力的なのですが、実はもっと見逃せないのが“店頭販売のお水と宅配水”同じ天然水でも“微妙に味が違う”ということです。

天然水はデリケート。だから品質管理が大切です。

お店で販売されている水も、宅配水も同じ天然水なら味は変わらないはず。なのに実際に飲んで比べてみると、宅配水の方が美味しいと感じてしまうのはなぜでしょうか。
それは、保存状態に秘密がありました。 スーパーやコンビニで購入するペットボトルのお水は、仕入れた後の保存状況、そのあと店頭に陳列されたときの環境や期間、そしてそのお水を自宅に持ち帰った後の保管状況…いろんなシチュエーションに直面してしまうことで、その時の温度や直射日光が中のお水に影響を与えてしまうことになります。採水してから時間が経つほど、品質にも関わってくることは簡単に想像できると思います。

ところが、宅配水ならダンボールでお水一つひとつがしっかり覆われているので、開封直前まで直射日光にさらされることはありませんし、定期的に新しいお水が届けられるので、いつでも新鮮な味が楽しめるのです。みなさんも“ラクして”新鮮な美味しい天然水’を自宅に届けてもらいませんか?

関連するコラムを見る