本当に美味しいごはんの炊き方って?

本当に美味しいごはんの炊き方って?
  • mail

大切なのは、炊飯器だけじゃない。「水えらび」でおいしさアップ!

暑おいしいご飯を食べたい! というのは、10万年前から脈々と受け継がれてきた日本人のDNAです。コメの文化が日本に入ってきて以来ずっと、私たち日本人はコメに執着してきました。

実際に遺伝子レベルでの話でも、日本人はごはんを毎日食べても飽きない、体質的に合っていると解明されているとか。おいしいごはんを食べたいために、コメの品種改良を重ね、最近では地方の局所でしか栽培されていないブランド米が台頭してきました。

また、家電メーカー各社からは毎年次々と高機能な炊飯器が開発されています。ごはん好きの心をくすぐるアイデアと、そのバラエティ豊かなランナップは、まだまだ尽きることがないようです。もはやおいしいごはんは日本人のロマン…。

おいしさを引き出す水に注目!コメのおいしさを引き出す日本の軟水

炊飯器も重要ですが、さらにごはんをおいしくしたいなら、水にこだわってみてください。 ごはんをはじめ和食全般に合うのは軟水。外国産の水は硬水が多く、日本の水はほとんどが軟水です。軟水で炊きあげるごはんはふっくらと粒がきれいに揃って、粘り気のある仕上がりに。

そのほか煮物やスープにも軟水を使うと水分の浸透がよく、素材の味や香りなどおいしさを引き出してくれます。コメと水だけで炊き上げるごはんは80%が水分。だからこそ大切にしたい「水選び」。水がおいしさを決めると言っても過言ではありません。

すべてはおいしいごはんのため!全国の天然水からマイベストを選ぶなら

日本各地の名水・天然水の中からいろんな種類を試すにしても、ペットボトルではゴミが増えて大変ですよね。

関連するコラムを見る