暑い日こそ飲みたい体に優しい水出しドリンク

暑い日こそ飲みたい体に優しい水出しドリンク
  • mail

暑い日にぴったり!簡単水出し紅茶

暑さが年々増している日本の夏。熱中症対策や夏場の水分補給に対する意識も高まっています。
暑い日が続き、冷たいドリンクが飲みたくなるこの時期。お湯を沸かす必要がなく、お水を入れ放置させるだけという手軽さから夏に重宝される「水出しドリンク」最近では水出し専用のポットや茶葉なども数多く販売されています。

「水出し緑茶」や「水出しコーヒー」などさまざまな水出しドリンクがありますが、中でも水出し紅茶はお水で作ることによってテアニンなどのリラックス成分が多く抽出され、お湯で淹れた紅茶に比べてカフェインや渋みの少ないやさしい風味になるそうです。 またお水で紅茶を抽出することによって紅茶の液が濁ってしまう「クリームダウン」という現象が起こらないので、失敗も少なく誰でも簡単に美味しい水出し紅茶を作ることができます。

さらに水出し紅茶はフルーツとの相性も良いので、カットしたフルーツを入れれば見た目もお洒落で涼しげなドリンクが出来上がります。 水出し紅茶を作る際、容器の洗浄が不十分であったり温度が高い場所に置いておくと雑菌が繁殖し紅茶が傷む原因にもなりますので、作った紅茶は清潔な容器に保存し出来るだけ早めに飲みきるようにしましょう。

お水によって紅茶の美味しさが左右される

お水を入れて放置するだけと作り方はとても簡単ですが、お水の種類や温度によっても風味は変化します。
軟水は紅茶のうまみ成分がそのまま溶け出しやすく、紅茶の風味だけでなく繊細な香りや 色の美しさを最大限まで引き出すことができます。 反対に硬水だと紅茶のうまみ成分とミネラル分が結合して苦味のもととなり、色味も黒っぽくなると言われています。 そして茶葉に注ぐお水は抽出温度を下げると、より透明感のある味わいになります。

日本のお水は軟水の場合が多いので水道水でも問題はないのですが、水道水の場合だと匂いやお水の生ぬるさが気になる場合も。汲み置きして匂いを飛ばし冷蔵庫で冷やすという手もありますが、それだと時間がかかります。
そんなときにウォーターサーバーがあればいつでも冷温水が利用できるので、水出し紅茶だけでなく冬にはお湯を沸かす必要がなく手軽に白湯やホットドリンクも作れます。

関連するコラムを見る