知っていますか?ただ水を飲むだけでは健康になれない理由

知っていますか?ただ水を飲むだけでは健康になれない理由
  • mail

水が足りていないことは、現代人にとって大きなリスク

マンションなど密閉性の高い住環境や、脂質の高い食生活によって、現代人は圧倒的に水分が不足していると言われています。なかにはほとんど水分を摂らずに生活をしてしまっているという話も耳にします。

一般に人間がカラダの約60%は水でできており、健康な状態を保つためには一定の水分量を確保しなければならないといわれています。ほんの数%の水分を損なうだけでお肌の調子が悪くなるだけでなく、食欲不振などの不快感が発生し、さらに水分が不足すると、脱水症状を起こして、頭痛や脱力感に襲われる危険性もあります。
そのため、体内の水分量を保つのは私たちのカラダには不可欠なため、積極的に水分を摂ることが大切です。

潤す程度のこまめな水分補給がポイント

とは言え、一度に大量の水分を摂取することは、体にダメージを与えやすくおすすめできません。喉の渇きは癒されますが、過剰に水分を摂取すると胃液を薄めてしまうため、胃へのダメージが大きくなってしまいます。
そのため1度に飲むのはコップ1杯(200ml程度)の水をこまめに飲むことをおすすめします。タイミングとしては起床時、日中に2~3回、夕食時、入浴後、就寝前など、生活リズムに合わせると摂取しやすくなります。

最近では、手軽に冷たくて美味しいお水を味わえるので、ウォーターサーバーを導入する家庭も増えてきました。大切な家族のカラダを守る水だからこそ、安全でおいしいお水にこだわる傾向にあり、近年天然水の人気が急上昇しています。

水分補給は身体だけでなく、精神の安定にも役立つ

水分による潤いは、生体だけでなく、精神の安定にも役立つといわれています。水を飲み干す行為は消化器系の器官や交感神経などを刺激するため、意外と効果のある気分転換になります。水を飲むと脳が活性化され、心も軽くなるという経験は誰しも経験していることだと思います。

水分補給とともに、心のリフレッシュを行っていると考えれば一石二鳥。自分の生活環境に水を摂ることを積極的に習慣化していくことこそ、現代人にとってとても重要な健康管理の第一歩なのです。

関連するコラムを見る