子供のための「天然水」超初心者講座

子供のための「天然水」超初心者講座
  • mail

89%ものお母さんが水道水に不安

あるアンケートでは、小さなお子様や赤ちゃんがいる家庭では、89%もの方が水道水を直接飲むことに不安を感じているようです。 水道水は、国の基準とする衛生度を保つために、50項目以上の基準をクリアしており、安全面においては世界でも類を見ないほどの高いレベルだと言えます。

ただ、その基準をクリアするための消毒用の塩素やトリハロメタンなどといった成分が含まれており、地域によっては消毒目的のカルキ臭もします。水道水は安全だけど美味しくないお水だと思われるゆえんがそのあたりにあるのではないでしょうか。

お水の「鮮度」を意識しましょう

お肉や魚に鮮度があるように、お水にも鮮度があるのをご存じでしょうか? お水の鮮度は、空気に触れることで徐々に落ちてしまいます。鮮度が落ちてしまうと美味しさが損なわれるだけでなく、衛生面での不安も増えてしまうのです。それだけに、いかに鮮度を保ったまま美味しく、安全に飲めるかがポイントになってきます。

そこで近年、利用者がぐんぐんと増えているのがミネラルウォーターです。大自然のミネラルを含んだお水は、自然の恵みを味わうことができる点が一番の魅力です。 また、安全性においてもミクロレベルの異物やカビ、放射性物質などが取り除かれていており、水質検査に合格しているだけでなく、それぞれのメーカーで検査データも公表されています。

そのため、水道水ではなく、ミネラルウォーターをわが子にも飲ませたいという家庭が増えているという訳です。 ただ、ペットボトルの天然水は、開封後にすぐ飲みきらなければ雑菌が繁殖しやすくなるという弱点を抱えています。常温で置きっぱなしにしていると驚くほどのスピードで「鮮度」が落ち、急速に雑菌が繁殖することはあまり知られていません。雑菌は目に見えないだけに、よく注意をしていないとお腹を壊すなどの体調面への影響も心配されます。

その点、ウォーターサーバーでは、取り込む空気をクリーンにする機構を取り付けるなど、空気と水ができるだけ接触しないように設計されているため、最後の一滴まで美味しく安全に飲むことができるのです。

子供にはジュースよりもお水が健康的

お子さまの健康面を考えると、ジュースではなくお水を飲むことが望ましいです。 甘いジュースやスポーツ飲料には糖分や添加物が含まれており、過剰に摂取することはお子さまの成長によくない影響が考えられます。

また、甘いドリンクによる肥満や虫歯の影響も無視できませんので、それらの点を考えても、お子さまがミネラルウォーターを飲むのが健康的でいいと考えられます。 ご家庭での利便性や衛生面を考えると、ペットボトルよりもウォーターサーバーを活用すれば、毎日の暮らしがとても便利になるだけでなく、安全で美味しいミネラルウォーターをご家族で楽しんでいただけますね。

関連するコラムを見る