お茶やコーヒーを天然水で淹れてみると、驚くほど美味しさが際立ちます。
天然水に含まれるミネラル成分が、お茶の葉やコーヒー豆の旨みを引き出してくれるので、いつでも手軽においしいドリンクが味わえます。

お茶のおいしさの決め手といえば…

お茶のおいしさの決め手は「茶葉」ですが、「水」のおいしさはさらに大事。水道水や浄水器の水でも沸騰させるから問題ないと思われがちですが、長い時間沸騰させないと独特の臭いが残ってしまい、せっかくの茶葉の風味を損なってしまうことにもなりかねません。

さらに、お湯の温度も大事です。一般的に煎茶やほうじ茶であれば80℃程度のお湯が、玉露などのお茶は60℃程度のお湯が一番おいしさを引き出すといわれていますが、沸騰させたお湯をその温度にするのはとても面倒なことです。

けれど、天然水のウォーターサーバーがあれば、最適な温度に調整できるのでかんたんです。

夏の水出し紅茶や水出しコーヒーも、風味よく味わい豊かに作るのであればウォーターサーバーの天然水を使うのが、お手軽な方法。軟水であれば紅茶のうまみ成分がそのまま溶け出しやすく、繊細な香りや色の美しさを最大限まで引き出すことができます。
寒い季節には、お湯を沸かす時間を待たずに、すぐに暖かいドリンクを作り出せるのも、ウォーターサーバーの利点のひとつです。
おいしい天然水で、インスタントコーヒーも本格的なカフェのコーヒーに負けないくらいのおいしさにランクアップさせることができるでしょう。

天然水で嫌な二日酔いを予防

洋酒を扱うバーなどで、チェイサーという言葉を聞いたことはありませんか?「チェイサー」とはお酒の合間にお水を飲むことで体内のアルコール濃度を下げ、酔うスピードを緩やかにしてくれる効果があります。日本酒を飲む際に合間に飲むお水は「和らぎ水」と呼ばれており、チェイサーと同様の効果を発揮します。
チェイサーや和らぎ水は二日酔いを防ぐだけではなく、口の中をリフレッシュさせてお酒や料理をより美味しく感じさせてくれるのです。

もっと詳しい情報はこちらから